『Terres de Truffes,Tokyo』は、フランス料理をベースに、トリュフの魅力を最大限にいかしたお料理を提供する、トリュフ料理専門店です。 2002年にオープンしたフランスのニースにある本店は、フランス国内だけでなく、日本のメディアにも頻繁に取り上げられる有名店で、翌2003年にはパリにも支店がオープンしました。気取ることなくトリュフ料理を心ゆくまで楽しめるレストランとして、食にうるさい多くのフランス人をはじめ、世界中の美食家たちに愛されている人気のレストランです。その姉妹店となる『Terres de Truffes,Tokyo』は、2008年より、六本木ヒルズけやき坂にて営業しておりましたが、2012年12月、南青山にリニューアルオープンしました。本店が持つアットホームな雰囲気を残しつつ、気軽にトリュフ料理をお楽しみいただける店づくりを目指しています。贅沢な料理の数々を、ゆったりとした時間の流れる落ち着いた雰囲気のなかで、心ゆくまでご堪能ください。

 

『Terres de Truffes,Tokyo』は、季節ごとに良質なトリュフをふんだんに使用しています。メニューは、『シェフのおすすめコース』をご用意しております。松田料理長が考案した、季節の食材とともに新しいトリュフの魅力が伝わるお皿をご提案しております。

 

『Terres de Truffes,Tokyo』で主に使用するトリュフは、ヨーロッパ産の黒トリュフ(メラヌスポルム種)と夏トリュフ(エスティバム種)です。それぞれ、収穫シーズンには新鮮なトリュフを、それ以外の期間には急速冷凍で鮮度を保ったトリュフを使用することで、トリュフの持つ独特の風味や繊細なニュアンスを損なわせることなくお客様にご提供させていただいております。また、数量は限定されますが、夏季にはオーストラリア産の新鮮な黒トリュフも使用いたします。その時々、季節折々のトリュフとの出会いにどうそご期待ください。

 

『Terres de Truffes,Tokyo』では、世界各国からトリュフとその料理に相性の良いワインをコンセプトに選定しています。フランスから取り寄せた約20種類のバブルワインもご用意しています。また、グラスワインのペアリングコースもご用意しておりますので、お料理に合わせてお楽しみいただけます。

 

『Terres de Truffes,Tokyo』のインテリアは、本店がある南仏風のデザインをモチーフにしています。少しモダンなアッシュブラウン系の家具を配置し、温かみのあるイメージを醸し出しています。店前には、テラス席を設置し、店内は、2~4名様のご利用に最適なテーブル席と、大理石を使用した厨房のライブ感溢れるカウンター席をご用意します。個室は、キッチンの雰囲気を感じる2つの個室とテラス席を望む開放的な個室をご用意します。ビジネスや食事会はもちろん、様々なシーンにご利用いただけます。

 

望月 良一 / 料理長(写真左)
2002年にワンダーテーブル入社。イタリアン店舗にて勤務後、ユニオン スクエア トウキョウのオープニングより副料理長として参加し、2015年9月に同店料理長となる。2018年よりテール・ド・トリュフ東京 の料理長に就任。
テール・ド・トリュフのコンセプトを守りつつ、固定概念にとらわれない新しいトリュフ料理の魅力を追求しご提案していきます。

中里 剛宜 / 支配人(写真右)
19歳で群馬から上京し明治記念館にて料理人として飲食の道へ。その後都内のフレンチ、各国料理を10年間学ぶ。約1年の海外経験後ワンダーテーブルに入社しサービス側に転身。2007年六本木のユニオン スクエア トウキョウをMaitre'Dとして立ち上げ、2014年ロウリーズ・ザ・プライムリブ​の恵比寿移転時に主任として参画。2015年11月テール・ド・トリュフ東京の支配人就任。シェフの望月とは、ユニオン時代からのタッグ。
「伝統」や「大地からの恵み」を重んじ、また料理とワインなどとの相性を素直に楽しめるような、あたたかい雰囲気のレストランを目指します!